天台宗の葬儀?

天台宗という宗派の葬儀は、例時作法・顕教法要・密教法要からなる3つの伝統儀式によって執り行われております。

天台宗という宗派では、仏様のありがたい教えを、密教(みっきょう)と顕教(けんぎょう)の2つに大別して考えることになっています。

顕教というのは基本的に「自分自身を救い、他人様を利する」という教えで、もう一方の密教というのは基本的に「仏様と自己の一体を観念し、仏様のお力で仏様の境地に達する」という教えなのであります。

大別された顕教と密教という2つの教えによって、故人の犯した罪や穢れ(けがれ)をきれいサッパリ拭い去り、故人やその緑者らと一緒に仲良く仏道に達するというのが、顕教法要と密教法要における基本的な考え方なのです。

密教法要の過程では、サンスクリット語をそっくりそのまま音写したかのような光明真言をブツブツと念誦(ねんじゅ)して本尊を供養したりします。

これによって、故人様が極楽浄土へ無事に引導されることを皆で祈ります。

顕教法要の過程では、声を出して法華経を読誦して、故人様の生前における行いの数々に対する懺悔を皆でら行います。

ちなみに、懺悔というものには、仏性を高めるという深い意味合いがあったりします。

一方、密教法要や顕教法要の間に執り行われることが多い例時作法では、阿弥陀経を張り切って読み上げて阿弥陀如来に救いの手を求めた上で、故人様が極楽浄土へと無事に往生するようにお願いをするのであります。

天台宗という宗派の葬儀は、これら大きく分けて3つの儀式により、問題なく故人様を仏の道へと導いていきます。

また、天台宗という宗派の葬儀では、その名を散華といって、蓮の花びらに上手く見立てた紙きれをお柩などにまいて行く儀式があったりします。

この散華という儀式を行うのは、蓮の花の香りにより悪いものをバッサリ追い払うことができると考えられているためであります。

遺体運ぶ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です