バランスが悪い?

日本社会一般的にですが、実印の印面上で彫られる名前は、その印面上における字のバランスを優先的に考えて作られているのであります。

日本の世間一般的には、例えば4文字や2文字といった字数のように、偶数のほうが文字列バランスとして見栄えよく見えるという専らの意見があったりしますからね。

逆に、奇数三文字の名前の方の場合になると、名前あるいは名字のどちらかに文字が集中してしまいますから、どうしても文字列のバランスがカッコ悪く見えてしまうことがあるかもしれませんもんね。

ですが、不本意にも文字列のバランスがカッコ悪く見えてしまう際には、名前の直後に「之印」とか「印」といった文字をオマケ的に彫ることが許されております。

そういった小細工的な手段をうまーく使うことで、文字列のバランスを取ることも可能なんですね。

もし、ご自身の中で印鑑作成あたりに強いこだわりがありましたら、印面の文字デザインの際に、相手印鑑業者に対して相談をしてみてもよいのかもしれませんけどね。→印鑑梅田

また、日本の印鑑業者の中には、親切にも印影のプレビューサービスを行ってくれていたり、印鑑出来上がりの印影を具体的に考えたような手書き文字の対応サービスをしてくれているところもチラホラあるようなのですよ。

まあ、インターネット上で事前に探してみるのもいいのかもしれませんよね!

根詰めると体に悪いですから、軽い気持ちでネット検索するといいですよ!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です